ホロスコープで見る占い。

占いには、たくさんの方法があります。有名なのは西洋占星術というものです。これは、一見難しいように感じますが、読み方をある程度覚えてしまえば簡単なもので、ホロスコープを見ればだいたいその人がどんな性格をしているか、どんな仕事が合っているかなどがわかります。

ポピュラーで、多くの人に知られている占いでもあるホロスコープは、西洋のものです。西洋占星術とも言われており、星で占う方法です。自分が何座かというのを調べるためには、生まれた時に太陽がどの位置にあったかを調べます。そうすることで、自分が何の星座なのかがわかります。

西洋の占いであるホロスコープ(西洋占星術)では、生まれた時に、太陽がどの位置にあったかによって、その人の星座がわかります。この太陽の位置は、とても重要なもので、その人の本質を表します。太陽と月は、陰と陽という例えをよくされますが、まさにホロスコープでもその通りで、太陽が表向きの性格を示し、月がその人の裏の性格というか、本当の性格を表します。もし、太陽の星座が水瓶座で、月の星座が牡羊座だった場合、その人は表向きはクールで博愛主義、争いを好まないという性格ということになりますが、本当は情熱的で負けず嫌いということになります。
Copyright (C)2017自分を知る手がかりとなる占い。.All rights reserved.